2021/06/23

自分にご褒美:映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』




一日一映画


こんにちは!あっという間に6月も後半ですね。皆さん、お元気ですか?


こちらはおかげさまで忙しく過ごしており、一所懸命締め切りという時間を追いかけて過ごしていたら、なんだかすごく気持ちが疲れて果てていることに気づきました。


「これはどうしたもんか」と、久しぶりに気分転換で映画を1本見始めたら楽しくなってきて、ここ数日1日頑張った自分のご褒美として、一日一本(できる限り)映画を見るようになったのやっぱり映画っていいですね!!


見終わると気分も高揚するし、映画の俳優や監督、作り手さんたちの創作に対する情熱も伝わってきて、「私も頑張らねば!」とやる気をもらいます。やっぱりエンターテイメントは心に栄養をたくさんくれるんだなぁ。映画館に行かなくても、今いろんな種類の動画配信サービスもあるので見たいと思ったら手軽に見れるのがありがたい。


ということで面白かった映画のこと、気分が上がったついでこちらのブログでシェアします。超個人的なセレクトですので、悪しからず。。。



アクション映画が好きです


映画はどれも好きだけど、あえて好きなジャンルをあげてみると『アクション』です。

かっこいい殺陣やアクションの振り付けを見るとわーーーー!とテンション上がって楽しくなります。


自分が興味があるからよく見かけるようになったのかもしれませんが、最近アクションの振り付け師さんも注目されているような気がします。私は趣味でダンスをするのですが、ダンスの振り付けも先生によって個性があるなと感じます。同じくアクション映画も、誰に振付してもらうかでその作品の個性が変わってくるのが面白い。


私の大好きな香港出身のアクションスター、ドニー・イエン。彼の弟子でもある、アクション監督の谷垣健治さんは有名ですね。谷垣さんが関わっている映画は、いつも楽しみです!最近公開された作品だと「るろうに剣心」がありますね。このアクションもめっちゃよかった〜!アクション映画はストーリーや言葉よりもその身体表現に感動します。



映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』



前置きが長くなりました。

最近見て面白かったのは、映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』です。前作『ザ・ファブル』も興味があったのですが見逃していたので、今度こそと映画館へ。


V6の岡田准一さんがこの作品はアクション振り付けも担当しています。様々な武術師範免許も持っているのですごいんだろうなあと想像してましたが、想像以上に面白かった!!

冒頭の演出に驚かされて一瞬で映画の世界に入り、中でも特に足場を使ったバトルは目が離せず終わってほしくなかった!2時間強の映画だったけど、ファブルの無駄のない、華麗なアクションをもっと見たい〜!と悶えていたら、エンドルールに続編を匂わす演出が。おお、やった〜!!!


自宅に帰っても興奮冷めやらず、前作が気になって配信動画を拝見。むむむ、2に比べると多アクションが薄い。ネットの映画レビューでも書いてあったけど、確かに今回のザ・ファブル2の方が格段にレベルアップされている!ということは、ザ・ファブル3はさらにパワーアップする?? 今から期待してしまう〜。


バディのようこ役、木村文乃さんもめっちゃよかった。あまりセクシー系の役を見たことなかったけど、見事に化けていました。意外と峰不二子役とか適任かもしれない。個人的な次回作の希望は、ようこのアクションをもっと見たいです。





次回のご褒美は何にしよう〜。



9月振り返り 

この前、街角で『クリスマスケーキの予約開始!』 と、いうポスターを見かけてドキマギしました・・・。 急に寒さ感じ始めた今日この頃、皆さまお変わりありませんか? さて、先月は異例の2回更新でしたが、今月は通常通り月1回ブログです。 どうぞよろしくお願いいたします。 最近ハマった海外...