2019/06/05

『ちかちかぷれす』初めての展覧会






「ちりめん本」再生プロジェクト!


密かに進めている新プロジェクト『ちかちかぷれす』

製本家・山崎曜先生主催の「手でつくる本の教室」で出会った、
写真家の栃木香織さんとのブックアートプロジェクトです。
「日本伝統文化や民芸が好き!」という共通点から意気投合し、
それぞれの専門分野を生かしたコラボレーションができないかと考えていたら
「ちりめん本」という可愛い日本昔話絵本を発見しました。

「ちりめん本」は明治時代に長谷川武次郎によって考案された、
「英語」の日本昔話絵本です。和紙を加工し、見た目や手触りが
「ちりめん」に似ていることから「ちりめん本」と呼ばれていました。
色鮮やかな木版画と活版で印刷された文章で作られた美しい装丁デザインは、
アート作品として海外でとても人気がありました。

一目でちりめん本の魅力にとりつかれた私たち。
「このちりめん本をもっと世の中に紹介したい!」という強い思いから、
オリジナルのデザインを元に現代風にちりめん本を再現する
アートプロジェクトを思いつきました。

私たちの現代版ちりめん本は、装丁デザインだけでなく、
中身のお話の面白さも伝えられるよう、写真やイラストレーションの他、
コラージュ、漫画など多くの表現を駆使し、
よりキャッチーでポップなデザインにしています。

この本を通じて、ちりめん本の存在やユニークな日本昔話を
より多くの人に楽しんでもらうことが、ちかちかぷれすの使命です。



第7回「手でつくる本の教室」展


そして記念すべき第1号作品、小泉八雲著の「ちいちい小袴」を、
現在第7回「手でつくる本の教室」展に栃木さん名義で出品しています。

これは私と栃木さんが出会った製本教室、山崎先生主催の展覧会です。
栃木さん個人で出展している作品や、教室の他生徒さんの作品も
とても面白いので、お近くの方はぜひお気軽にご来場ください。
本という物体を通して、皆さんの想像力が無限に広がっています!





第7回「手でつくる本の教室」展

2019年6月4日㈫〜9日㈰
会場:世田谷美術館 区民ギャラリーA
電話番号:03-3415-6011
世田谷区砧公園1-2
開館時間:10時〜18時
(初日は13時から/最終日は17時まで)

山崎 曜先生著作 ↓







私たちの本「ちいちい小袴」はまだ改良が必要な状態ですが、
コツコツと進めつつ、他のちりめん本の作品もデザインしていく予定です。
まずは小泉八雲シリーズの全5巻を制作することが目標です。


こちらも不定期の更新となりますが、
制作状況や展覧会の情報をお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに。













CHIKA CHIKA PRESS | ちかちかぷれすさん(@chikachika_press_jp)がシェアした投稿 -