2019/04/24

西表島の旅 ダイジェスト





先月に訪れた沖縄・西表島の旅のダイジェスト、ショートムービーを作りました。



さとうきび畑の中にあるホテル




石垣島からフェリーで約1時間だけど、関東からは空港までの電車とバス、
そして石垣島に着いてからまた車移動→フェリーとなると
関東からは、合計8時間くらいかかってとても遠い。でも遠いだけ来る価値もある。


由布島観光名物 水牛車 水牛かわいい





普段見れない景色や植物、動物ががたくさん見れた。
青のグラデーションがどこまでも広がる美しい海、緑鮮やかなの山々、
風に大きく揺れるサトウキビ畑、畑の合間合間に雑草除去のお手伝いで
ペットのヤギたちなど。


想像以上に険しい山がいくつも連なっている景色は、
なんとなくハワイのダイアモンドヘッドを連想した。
パイナップル畑があるのも共通してる。

人より自然の存在が強く感じられる場所にいると、
人間も自然の一つなのだと、強く感じる。



ハワイの景色と重なる 西表島は山が多い



西表島は沖縄本島に続き2番目に大きい島ですが、観光客や車が入れる場所は
限られているため、ぐるっと1周することはできない。
大抵の観光客は石垣島に宿泊し、日帰りで島の観光スポットのみを訪れてるよう。
そんな事情もあるせいか、島の中はゆったりとした空気が流れてる。

宿泊したホテル「ラ・ティーダ西表リゾート」ものんびりできた。
北の上原港に比べ、観光客がまばらな南の「大原港」側にあり、
周りはサトウキビ畑で、日本最南端の西表島温泉もある。
夕食も美味しくて、毎晩とても楽しみだった。


毎晩美味しい夕食 ご飯が美味しいとそれだけで満足

北の上原港に星野リゾートが手がけるホテルが近々オープンされるそうなので、
これから西表島は観光化がもっと進んで行くだろう。

イリオモテヤマネコをはじめ、島の固有種の動物や植物、雄大な自然を守りながら
どう島を活性化していくのが、今後この島の課題になっていくだろうなあ。


忘勿石(わすれないし) 
先の大戦時、波照間島から西表島に強制疎開の上、マラリアにかかってしまった方々の碑

沖縄の過去の悲しい歴史を考えるとこの海は美しすぎて、切ない



なかなかこんな遠くまで来る人はいないだろうと自負していたが、
ダイビングが趣味の友達は何度も行ったことがあるそうな。

まだシーズンオフだったので、アクティビティは今回はお預け。
今度はダイビングとカヌー、山のトレッキングも挑戦してみたい。



ホテル近くで飼われていたヤギちゃん