2016/04/27

| ハイサイ沖縄 3泊4日の旅 | DAY1 最北端の辺戸岬へ (PART 2)

さて、大宜味村でお腹を満たして再び最北端の岬、「辺戸岬」へ出発!
(PART 1 那覇空港〜大宜味村のお話はコチラ


大宜味村を越えてからは、ますます人も家も道路の信号も少なくなり、
最北へ近づいてるんだな〜という雰囲気がムンムン。
海を横目にかれこれまた1時間ほどドライブして、ようやく到着しました。


なんという景観!

ダイナミック

岩の間に




鋭く切り立った岩山と下に広がる崖は壮大で、圧倒的。
風が360度方向から吹いて来て飛ばされそうなぐらい。
人間の存在がちっちゃく感じる場所。

岩の間には恐らく神様らしき石像がいくつかあって、
ここが神聖な場所なんだろうな、というのがなんとなくわかる。

ちょっとハワイの景観とダブる

南ならではの多肉植物

岬には記念碑が





あっとう的な自然に包まれた

しばし岬からの絶景を眺めながら沖縄の複雑な歴史をを思う。

夕方に近づくと人が増えてきたので、恐らく夕焼けを見に来くる人もいるのかな。
岬の後ろにそびえるとんがった岩山には、
安須森(あすむい)という聖地があるそうで、
そっちにも足を伸ばしてみたいと思ったけれど
ただでさえ人気がない場所なので、日が暮れるとかなり不安なので次回に。
しかし、すごいとこだ。

雑誌やメディアからの情報では沖縄はあたたかく、のんびり、ゆったり
人懐っこいという印象だっけど(もちろんその一面もあるけど)、
この岬で感じる沖縄は、荒々しく、勇ましく、どこか神々しくて
近寄りがたい。沖縄の知らない顔を見た感じ。