2020/07/02

【5分間のイラストレーション教室】#6 イラストマップを描いてみた




お久しぶりです! あっという間に7月ですね。
ちょっと日が空いてしまいましたが、第6回目を更新しました。

今回はイラストマップの描き方をご案内します。
サンプルは、外出自粛期間中いろいろ再発をした地元の街をイメージしたマップです。


きっと皆さんそれぞれお気に入りの街や、お店があると思うので、
よかったら試してみてくださいね!





2020/06/30

7月の待ち受け「7月生まれの夏は畳で昼寝ちゃん」







早くも今年下半期に突入です。
今年は新型コロナ感染のせいで、いつもよりあっという間に
上半期が過ぎてしまった気がします。

そこまで忙しかったわけではないのに、
なんだかやたら疲れてるのはなぜ。。。?









これからもしばらく付き合っていかなければ問題なので、
昼寝しつつ頑張っていこうという気持ちを込めて
今月のイラストを描きました。

「7月生まれの夏は畳で昼寝ちゃん」
携帯の待ち受け画面をプレゼントしますので、よかったらご利用ください!


しかし、夏の畳は本当に気持ちが良くて最高!

2020/06/15

千葉県民の日











6月15日、今日は千葉県民の日です。


学生時代はあまり良い思い出がないせいか、千葉県生まれ千葉県育ちになのに
あまり地元とは縁がなくこれまで過ごしていました。


コロナ感染拡大予防のための外出自粛期間中、近くをランニングすることが多くなり
近所に美味しいお店や、素敵なスポットがあることを再発見。


これを機に、これからは千葉県での活動や、
千葉県の良いところを発信していくことにも力を入れたいな、と思っています。


まずは一人では何もできないので、千葉県を拠点にお仕事されている方々と
たくさん知り合えるよう、頑張ります!

2020/06/10

【5分間のイラストレーション教室】#5 水彩色鉛筆で描いてみよう!(画材のリンク付き)




























この前友達のパン屋さん、「ヒラクベーカリー」さんから
美味しいパンを頂きました。



せっかくなので、今回は頂いたパンの中から
クロワッサンを水彩色鉛筆で描いてみます。



3色で描けるので、よかったら皆さんも試してください。






用意するものは、こちらです。















まず、水彩画用の筆。
今回は、水彩色鉛筆を使うので、絵の具の含みが良い丸筆を選びました。


*スミマセン、ずいぶん前に買ったので筆のメーカーやサイズ不明ですが、
おそらくこれに近いと思われます。ご参考まで!↓










丸筆は細かい部分を描くことにも適しています。
ナイロン製の筆は弾力があって、個人的に筆運びがしやすいので
最近よく使います。











次に水彩画用紙。
クロワッサンの細かい部分を描くので、細目を選びました。













最後に水彩色鉛筆。
今回は明るい部分、中間色、暗い部分を3色で描きます。



色鉛筆によって名称が変わるかと思いますが、


  • 明るい部分は山吹色
  • 中間色は黄土色
  • 暗い色は焦げ茶色 



を使っています。


*私の水彩色鉛筆はファーバーカステル 社のものです↓




STEP1

まず、中間色、黄土色でパンの輪郭と細部を描きます。



黄土色をパンのメインの色にして、大まかに全体図を仕上げていきます。









STEP2

次に光が当たって明るい部分を、明るい山吹色で描きます。


今回のパンの場合、光が当たっている部分が広いので、
後でここを筆でぼかそうと思っています。


なので、塗り絵のような感じで、大きく色鉛筆を動かして塗っていくのがコツです。










STEP3

最後に影になっている、暗い部分を焦げ茶色で塗ります。



暗い色を塗ると、絵に陰影ができて引き締まって見えますが、
塗りすぎると、暗い印象になってしまうので気を付けましょう。









STEP4

今度は筆で色鉛筆で塗った部分をぼかします。
明るい色の山吹色の部分から筆を伸ばしていきます。

今回はクロワッサンの丸みを出すように、まず影になる下の部分から塗ります

水彩色鉛筆は、筆で一気に塗ると絵、全体がぼやけた印象になるので、
様子を見ながら少しずつ塗り進めるのがコツです。









STEP5

仕上げに向けて調整していきます。
筆でぼやけた細かい部分を、暗い色の焦げ茶色で加筆します。


クロワッサンを観察しながら、一番濃い影になる部分だけに加筆して、
描き込みすぎないよう注意しましょう。









STEP6

次に中間色、黄土色でも加筆します。


暗い色一色だけで加筆すると、色の明暗がはっきりし過ぎてしまうので、
中間色も追加して、自然なグラデーションになるように調整します。









STEP7

最後の仕上げで、クロワッサンの立体感を出すために、影を描きます。

後で筆でぼかすので、これも色鉛筆を大きく動かして、
塗り絵のように塗ることがコツです。


影を筆で塗ってみて、色の濃さが足りない場合は再度色鉛筆で加筆します。
何度か同じことを繰り返して、影とクロワッサンの陰影のバランスを調整して完成です。













水彩色鉛筆は、パレットや絵の具などたくさん道具を揃えなくても
手軽に水彩画を楽しめるので、よかったら試しみてください!





ヒラクベーカリー




ヒラクベーカリー

定休日:火・水曜日
 OPEN:9:30〜17:30(なくなり次第終了)
石川県加賀市片山津温泉乙69-39


*商品紹介の楽天アフェリエイトのポイントは、この動画制作の活動費にさせていただきます。

2020/06/01

【5分間のイラストレーション教室】#4 手書き文字の書き方 初級編(画材のリンク付き)







第4回は、手書き文字の書き方です!
今日はペン一本でできる、手書き文字の描き方をご紹介します。









用意するものは、


  • コピー用紙
  • 鉛筆
  • フェルトペン  




















書き方の練習なので、道具はあるもので代用してもらって構いません。


コピー用紙でなくて、画用紙でもOKですし、
フェルトペンがなかったら、ボールペンでも、色鉛筆でもOKです。




書き方は同じで、

  • 平仮名
  • 漢字
  • アルファベット


の3種類を書いてみます。











STEP1

まず、平仮名から、鉛筆で下書きをします。
次にフェルトペンで上からなぞって、今度は文字の太い部分を作ります。


書き順で、上から下へ引く線の部分を太くします。
太くした部分を塗りつぶして、完成です!









STEP2

今度は漢字です。
同じように鉛筆で下書きをします



次に太くする部分を作ります。

書き順で上から下へひく線の部分を太くするとしましたが、
文字の中に2本、上から下への線があった場合は、「右側のみ」を太くします。 



この漢字の場合、曜日の「日」という文字に2本の線があるので、
右側の線のみ、太くしました。











STEP3

最後はアルファベット を練習します。



鉛筆で下書きをしてから、ペンで上からなぞります。



文字を太くする部分で、上から下へ向かう縦の線がないアルファベットの場合は、
斜め上から下へ向かう線を太くします。



今気づいてすみませんが、平仮名でも上から下へ書く縦線がない場合がありました。


「どようび」の「ど」は、同じように書き順で、
「斜め上から下へ書く部分」を太くしています。



このSatrudayの文字では、「S」と「U」の文字に縦線がないので、
斜め上から引いた線の部分を太くしていました。










最後、書き始めと終わりの部分に横線を付け加えて、
文字に飾りをつけます。

今回は太くした部分を塗りつぶして完成ですが、
好みで空欄のままの完成でも構いません。



同じ工程で、タイトルの文字も書いてみました。












慣れてきたら下書きは必要ありませんが、同じように
書き順で上から下へ引く線の部分を太くして、
最後、書き始めと終わりに飾りをつけます。


このタイトル文字では、横線ではなく、ドット「・」を飾りしてみました。














ドットの他にも、ハートだったり、星形などつけてみると
また雰囲気が変わって面白いです。


今回の書き方以外にも、太くする部分を変えたり、

複数の色を組み合わせて書いたりすると、
デザインのバリエーションも増えて可愛いので
よかったらいろいろ練習してみてください!













*商品紹介の楽天アフェリエイトのポイントは、この動画制作の活動費にさせていただきます。


2020/05/23

【5分間のイラストレーション教室】第3回 NYの美大で学んだ、ドローイング練習方法(画材のリンク付き)


















今日はニューヨークの美大で学んだ、面白いドローイングの練習をご紹介します。
「ブラインド カンター ドロイング」です。


直訳すると、「見ないで形を描く」という、
アメリカの美術学校では絵の初心者に向けて
形をとらえる練習方法としてよく使われているドローイングです。



私が通っていた美大、パーソンズ・スクール・オブ・デザインでも
ドローイングのクラスでよく練習をしました。

私も時々この方法で描いて手を慣らしてからで仕事の絵を描き始めたりします。


運動前に準備体操をすると、体が動きやすくなるようように、
このカンタードローイングをしてから絵を描くと、
自然と、手と脳のコネクションが良くなって、
絵が上手く描けるような気がします。














用意するものは、
① マスキングテープ
なかったらセロテープか何かで代用していただいて大丈夫です。








② ペン
鉛筆でもボールペンでもなんでもOKです。







③ 絵を描く紙






④ 要らない紙
これは目隠し用の紙なので、新聞紙やチラシなどでも代用できます。


⑤描くもの
何でもOKですが、初めは形がシンプルなマグカップや、
ペットボトルなどがいいかもしれません。


私は岩手旅行のお土産、「チャグチャグ馬こ」を選びました。









STEP1

まず、セットアップです。
目隠しとなる紙を机にテープで貼ります。
目隠しの紙は、描く手の邪魔にならないよう、出来るだけ軽い方が良いです。



紙の下にコピー用紙を引いて、描くものを設置してスタートです。











STEP2

出来るだけ対象物を観察しながら描くので、
速く書かないで、ゆっくり描くのがポイントです。



描くものによりますが、このチャグチャグ馬この場合は、
10分くらいかけて描きます。



初心者の方で、マグカップなど、もう少しシンプルなものを描くときは、
5分くらいかけて描いてみましょう。



携帯のタイマーを設定して描くと、時間がわかって良いかもしれません。



時々どんなふうにかけてるか紙を見たくなりますが、
出来るだけ見ているものに集中して、タイマーが鳴るまで描き続けます。













このドローイング方法は、絵を上手く描くことがゴールではありません。

どれだけ対象物を観察して形をとらえられるかと、いうことがポイントです。
なので、仕上がった絵がどんなに抽象的になっても、OKです。




自分の体を通して絵を描くという感覚がすごく感じられる、オススメの練習です。
お子さんでも、どなたでもトライしやすいシンプルなドローイングなので、
よかったら試してくださいね。














*商品紹介の楽天アフェリエイトのポイントは、この動画制作の活動費にさせていただきます。

2020/05/16

【5分間のイラストレーション教室】第2回 お気に入りの画材(画材のリンク付き)











今日はいつも使っている、お気に入りの画材を紹介します。

ファーバーカステル 社のPITTアーティストペンです。


*私が使っているのは「ビッグブラシ」という太めのペンですが、
調べたところ、現在発売はされていないようです。。。。残念!








ファーバーカステル さんは、ドイツのステーショナリーブランドです。
東京ミッドタウンに直営店があり、以前個展をさせていただいたご縁もあります。



こちらのペンは48色と色数も豊富で
普段ささっと素早くスケッチするのにすごく使い勝手が良いので愛用しています。



PITTアーティストペンの良いところは、水彩のような淡い繊細の色合いで、
他の画材との組み合わせも抜群に良いです。

私は色鉛筆と、製図ペンと、筆ペンと組み合わせて、よく使っています。








ほとんどこの組み合わせで描いています。









今日はこれらを使って、日常のものをおしゃれにスケッチする方法をお伝えします。










STEP1 ドローイング

まず、製図ペンでドローイングをします。



ドローイングのコツ

ドローイングのコツは、上手く描こうとしないこと
大事なのは、イラストの対象物をきちんと観察して描くことなので、
多少線が歪んだり、間違ったとしても、そのままで描くことをお勧めします。

案外失敗した二重線や、曲がった線などが、イラストの味になったりします。






おしゃれに見せるコツ 

細い線で書く場合ですが、より詳細を描き込むと、
模様のように見えきて、絵がおしゃれな印象になります。






STEP2

外のパッケージは細かく描き込みますが、
中身のパスタは、あまり描き込まないようにしましょう。
中のパスタを控えめに描くことで、物の遠近感がでます。





STEP3 カラーリング

次は着彩です。
私の場合、PITTアーティストペンは一番強調したい部分に使うので、
まず、パスタの影の部分を塗っていきます。
前回の水彩画と同じ容量で、陰影を意識して塗ると上手見えます。










おしゃれに見せるコツ #1

塗る時は、ちょっと勢いよく塗ってみましょう。
わざとはみ出すようなラフな塗り方をすると、力の抜けたおしゃれな印象に見えます。







おしゃれに見せるコツ #2

塗る色も、2、3色に絞って限定した方がシンプルでおしゃれに見えます。










STEP 4

今度は、筆ペンでパスタの空洞部分を塗って、絵全体を引き締めます。
黒をたくさん使うと重い印象になるので、ポイントに部分に使うのがコツです。









STEP 5

次は、色鉛筆です。
色鉛筆では、2番目に強調したい部分を描いたり、塗ったりします。

このイラストの場合だと、袋の中身のパスタの詳細と、
パッケージのPITTアーティストペンで塗った以外の場所です。












複数の画材を使うコツ

画材をミックスして使うコツは、それぞれの使う部分を決めることです。











今回の場合、PITTアーティストぺんは1番強調したいもの、
色鉛筆は2番目に強調したいものに塗る、というにルールをつけています。

ルールをつけると、まとまりがよい絵になって、
見ている人も見やすい絵になります。











おまけ

パスタソースの瓶も、さっきと同じ工程で描きます。
瓶の凸凹した部分が気に入ったので、少し強調して形を描きました。













こんなふうに自分の気になったポイントを注目して描くと、
自分らしさが反映されて、より個性的な絵になっていきます。



なかなか最初は思い通りに書けないかもしれませんが、
描けば描くほど絵は上達しますし、感覚が研ぎ済まれて、
自分が描くイメージにと近づけると思います。



まずは絵をたくさん描くために、いろいろな画材や技法を試して、
自分が心地よい物、好きな物を見つけて見てください!











*商品紹介の楽天アフェリエイトのポイントは、この動画制作の活動費にさせていただきます。

2020/05/15

【5分間のイラストレーション教室】第1回 めっちゃ使える筆(画材のリンク付き)









こんにちは、イラストレーターの森千章です。
ちょっと前にめっちゃ使える便利な筆を見つけたので、ご紹介します。



『ハンディクラウン』
ANGULAR ななめ平筆 1/4インチ










ある程度の大きな面も細い部分もこれ一本で描ける、
筆をいちいち変える必要がない、面倒くさがりの私にぴったりの筆です。


最近家の近所をランニングするようになって、
よく見かけるお花をこの筆を使って描いてみました。








用意するものは、

水彩絵の具、水彩画用紙(細目)、そしてこの筆1本です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ホルベイン水彩絵具セット(5号チューブ) 24色
価格:10032円(税込、送料無料) (2020/5/15時点)





水彩画用紙は、紙の凹凸が少ない細目、多めの、荒目などいくつかと種類があります。

今回はお花の細かい部分を描きたかったので、凹凸の少ない細目を選びます 






STEP1


まず筆の平たい部分を使って、花びらを描きます。

最初は筆に水を多く含ませて、色を薄めで描き始めます。
花びらの影の方、色の濃い方から塗っていきます。






STEP2

今度は筆の先端を使って、花の細い、茎などの細かい部分を描きます。
花弁のところも、同じ色なので描きます。





STEP3

そしたら、花ビラの色を重ね塗りして、陰影をつけていきます。

ここのポイントは、絵の具を薄く重ね塗りしていくところです。
いきなり濃い色で塗ると、自然なグラデーションにならないからです。







STEP4

次に、筆跡を使って、花びらの筋を描きます。

筆跡で描くポイントは、私がしてるみたいに、紙の端っこやボロ布などで
筆の余分な水分や絵の具を取り除いて描くと、上手くいくと思います。
  



STEP5

最後、花の影の濃い部分を塗って、全体にメリハリを出します。

薄い色だけで花を描くと、ボヤ〜っとした印象になるので、
影の濃い部分など、ポイントに濃い色を使うと絵が引き締まって見えます。





STEP6

お隣の蕾も、お花と同じ工程で描きます。

影の濃い部分から描き始めて、えー、これはちょっと色を濃く塗りすぎたので、
すぐグラデーションを作って調整しています。






蕾の周りの毛みたいな細かい部分は、筆の先端を使って描きます。
水彩絵の具はすぐ乾いてしまうので、スピードが命です。 


せっかちな私は、毎回描く部分によって筆を変えるのが手間だったので、
大きな面も細い部分も描ける、この斜めの平筆がすっごく役立っています。



応用編

さて、今度は応用編です。
同じ描き方で、2枚目は荒目の紙を使ってみます。






荒目の紙で描くポイントは、細目の紙で描く時よりも、
筆に水分を多めに含ませることです。





荒目の紙は目の凹凸が大きいので、水分を吸収しやすく、
すぐ筆が乾いた感じになって、描きにくくなります。


凹凸があるせいで、あまり細かい部分の描写には向いていませんが、
代わりに、シンプルな描写の絵でも、紙の凹凸で風合いがある絵に仕上がります。



私の場合、荒目を使うときはどちらかというと、
絵の色の印象を強くだしたいときに使っています。







比べ て見ていただいたように、細目と荒目の紙で描いたお花の
印象は少し違いますよね。


どちらも良いところがあるので、自分が好きな方、
心地よいと思った方を選んで描いてみてください!


今後も定期的に配信していくので、よかったらチャンネルの登録をお願いします。


*商品紹介の楽天アフェリエイトのポイントは、この動画制作の活動費にさせていただきます。