2019/09/28

【壁画】制作記録 Vol.1 小さいサイズで完成形の絵を描く



今年1月に本厚木ミロードの地下食品売り場「MYLORD FOOD MARKET」の壁画を描きました。



食品売り場から、駅直結の踊り場の壁

地下1階の壁



初めての壁画制作だったので、経験者の友人に聞いたり、ネットで制作方法を検索しながら手探りで情報を集めた。

特にネットの情報には助けられたので、私も体験談をシェアして
同じようにこれから壁画制作する誰かのお役に立てたら〜と、思います。




  • Vol. 1 小さいサイズで完成形の絵を描く
  • Vol. 2 壁への転写方法
  • Vol. 3 画材と道具 
  • Vol. 4 その他準備しておくといいもの



====================


Vol. 1 小さいサイズで完成形の絵を描く


====================



今回はペタッとした絵ではなく、塗り重ねるようなタッチの絵だったので、
壁画の完成形の絵をまず小さいサイズA3で描いてみた。
壁画用の画材も初めて使うので、使い心地なども同時に確認。

大きな絵の制作中は、スペースに余裕がないとなかなか俯瞰で全体図を確認できなかったので、
このA3サイズで描いた絵が最終的に仕上がりの見本となった助かった。








使用した画材は、「ターナー社 ビッグアートカラー」。

水性で水に溶けやすく、ほぼアクリペインティング似たような要領で描けるので、
壁画初心者の私でも扱いやすかった。発色も綺麗。





楽天のこちらのお店で、定価より割引で購入。

*買いすぎてしまった未開封の画材も私のラクマのページで販売してますので、
よろしければご覧ください。