2019/09/23

草津温泉♨︎の旅

3月下旬ある日、阪急交通社のチラシで草津温泉の安いお値打ちツアーを発見。
最近西表島へ行ったばかりだけど、ずっと行ってみたかった温泉だったので、
値段につられて即決断。サクッと2泊3日で行ってきた。


4月頭、草津はまだ冬


1日目



ツアーは東京駅からホテル直行のバスで、宿泊先の「草津ナウリゾートホテル」まで
約5時間のちょっと長いバス旅。
朝9時半頃の出発で、休憩を数回挟んでホテル到着時刻はだいたい午後2時くらい。

バスは春休みの学生と、家族、お友達同士の年配者で満席。2台が出動。
長旅だったけど、行きはゆったりとしたスペースのある席だったので快適だった。

4月の初めだったので、高速道路で北上しながらまだ残る桜を楽しむ。
お天気にも恵まれ、青い空と桜のピンク色のカラフルな景色を眺めていたら、
草津に近くなるたび、だんだんと季節が冬に逆戻り。
ホテルに到着したら、雪積もる真冬の世界だった。


ダウンコートでも寒い

雪がちらつきはじめました


5時間移動は流石に疲れたので、到着した日はどこにも行かず、
そのままお楽しみの草津の湯へ!

ホテルのお風呂は露天風呂と、数種類の内風呂が楽しめる。
草津温泉は源泉に近いので肌が敏感な人はピリッとする、と聞いてたのだけど
私は何も感じず。。。肌が強い?

内風呂の温度は少し熱く感じたけど、露天風呂は外のひんやりした空気が
良い加減にお湯を冷ましてくれて、ちょうど良い。これは長風呂ができるぞ〜!

夕飯は和食レストラン。どれも申し分なく美味しい。
うん、確かにこのツアーはお値打ちかもしれない。満足して就寝。





2日目


ホテルの朝ごはんはビッフェ。
混雑しているのかと思ったけど、8時頃に行ったら全然で安心。
ビッフェの食事も種類も豊富で、どれも美味しい。
今回夕食は和食レストランを選択したけど、これならビッフェでも十分楽しめそう。

個人的に朝食の時間帯をもう少し延長してほし〜な〜、なんて。
どこのホテルも9時にはサービスが終了するので、
朝食を食べるにはどんなに遅くとも8時には会場に行かないといけない。
と、いうことは7時半くらいには起きないといけない。

朝寝坊の私にはそれがちょっと大変で。。。
できたら朝寝坊プランという、午前9時に起きても大丈夫な
11時までのブランチ朝食プランがあれば良いなあ。



さて、出かける支度をして、草津温泉中心地へ向かう。
ホテルは中心街から少し離れた山の途中にあり、
とはいえ距離的には歩いていけそうだけど、
結構な起伏がある坂を上るので、体力に自信がないとちょっと大変かも。

そんな要望を踏まえてか、ありがたいことにホテルから街中に行きの
無料バスが運行している。乗車約15分くらいで到着。


温泉の湯気が街中に立ち昇る

温泉(マグマ=地球)パワーをひしひしと感じた


到着したバス停の目の前にあの有名な湯畑が、ドーン!
ブルーがかった大量のお湯と、街中に立ち上る湯煙の景色が圧巻。
これぞ江戸時代から東の温泉の横綱の位置を守る、草津温泉。
寒い時期だからこそ、このモクモクした湯煙が見えるんだな〜。

草津温泉のシンボル「熱乃湯」で「湯もみショー」を観覧。
なにやら三宅裕司さんの劇団が関係しているそうで、演劇を見るようなショーだった。


湯もみショー。本当に演劇のようなショーだった

草津温泉名物「熱乃湯」


「湯もみ」は江戸時代から伝わる、草津の伝統的な入浴法。
約50度の源泉の熱さを軽減するため、水を入れて冷ますのではなく、
できるだけ温泉の効能を残しながら、湯をもみ温度を下げる、という
独特の方法が編み出されたよう。

もっと草津温泉の歴史を知りたいなあと思って、郷土資料館のような場所を
探していたら、「草津温泉」バスターミナル内にある温泉図書館に、「温泉資料館
という小さい展示があることを発見。

昔の草津温泉の風景や、湯もみの写真もあり、お風呂場に写っているのは
屈強な男性たち。草津温泉の多く温泉を湯もみするならば、かなりのマンパワーと
体力が必要だったのだろうと思う。

街中を散策すると公共の無料温泉もいくつか見つけた。
今回は時間がないけれど、地元の人が行く温泉場を巡る旅も楽しそう。


この日は冷え込み、なんと4月だけど午後から雪が降った。
歩いているうちにダウンコートを着ていても寒さを感じてきたので、
昼食を済まして早々ホテルに戻ることにして、温泉で温まる。幸せ。。。


草津温泉ナウリゾート

3日目


東京行きのバスが迎えるに来るまで自由時間。
11時のレイトチェックインなので、朝食の後最後にもう1度温泉に行った。
温泉に毎日入れるってぜいたくだな〜。

ちなみに、今後改修されるのかもしれないけど、
草津温泉ナウリゾートは、更衣室からお風呂まで階段があり、
真っ裸で、1階と2階を行き来しないといけない。
私は平気だったけど抵抗がある方は、ぜひお風呂まで顔用タオルを持参してください。




ホテル周りを散策

チェックアウト後は、ホテルの周りを散策。
ホテルから10分くらい坂を登ると、スキー場があった。
どうやら3月末までオープンしてたみたい。

4月頭でこんなに寒いなら、夏はきっと涼しくて快適な場所だろう。
今度は夏にも来てみたい。草津温泉、泉質も体にあって、個人的にとても良かった!
どうやら私は硫黄系温泉が好みのようだ。





ホテルから徒歩圏内にスキー場


今回参加した阪急交通社のツアーはこちら
シーズン毎に値段が変動するみたいなので、要チェックです!