2018/10/10

【物語が始まる場所】岩手の旅 #3

頼もしく前に進む港町・大船渡










森 千章🇯🇵Chiaki Mori Illustrationさん(@windpress71)がシェアした投稿 -


3日目。

本日は海側の方へ。
目指すは港町・大船渡!
毎年本州一のサンマ漁獲量を誇る「大船渡魚市場」でランチ。


魚市場といっても、なかなか洒落た建物にあってびっくり。
3階だての建物は、展望デッキや展示施設もあって、
観光向けにもキレイに整備された最先端の魚市場。
朝早く行けば、セリの様子も見学できるみたい。






3階 展望デッキからの眺め


穏やかな海

あら汁を注文

レストランの隣には、市場を紹介する展示施設。
すごく丁寧でわかりやすい。
デザイン性も高く、楽しみながら大船渡港や市場について学べる。

東日本大震災の直後に襲った、津波被害についての記録もあった。
今、目の前に見えるのは穏やかで静かな海すぎて、
当時本当にこんな大きな津波が襲ってきたのかと、正直想像がつかない。

魚市場以外にも大船渡港周りには、商店街やホテルをはじめ、
お店が続々とオープンして、新しい大船渡の町が出来はじめている。

今回は立ち寄れなかったけど、近くには登山が楽しめる「五葉山」や「五葉温泉」。
絶景の「夏虫山」など、美しい自然を満喫できるスポットがたくさんあることを知る。
やっぱり来て見ないとわからないことは多いなぁ。
またゆっくり来たい。




ちょっと似てる 北欧諸国と東北地方の文化




遠野地方の伝統的な家屋「曲り家」 

デンマークで見た茅葺き屋根の家を思い出す

大船渡から今度は遠野へ。
遠野地方の伝統的な農家を再現した「遠野伝承園」で
岩手の文化にちょっと触れることができた。

伝統家屋の「曲り家」の藁葺き屋根を見て、6月に行った
北欧旅行のデンマークの伝統家屋の茅葺き屋根を思い出す。

そういえば岩手の民芸品「チャグチャグ馬コ」も
スウェーデンの民芸品「ダーラナホース」と似ているし、
北に住む人たちの知恵は、世界どこでも共通するところがあるのだろうか。














創造は「不足」から生まれる




ばーちゃん人形の側で遠野の昔話が流れる




曲り家の中は暗い。
冬は厳しいので家畜の馬の家の中に入れる。
部屋は板間ばかりで、これでは暖かく過ごせないだろう。
昔の暮らしは大変だった。

囲炉裏を囲む座布団を眺めて、当時のことを想像した。

雪が降る日、外にも出られず、寒さをしのぐため家族みんなが囲炉裏に集まる。
各自内職をしながら、ふとおばあちゃんがはじめる昔話。
娯楽がないので、この話が子供達にとっては唯一の楽しみ。

おばあちゃんは子供達を喜ばせるために、
これまで聞いてきた話に多少の自分の解釈をつけ、話を盛る。

昔話は子供達にも代々受け継がれ、少しずつ盛り盛りして
今でも残る遠野物語となっているのでは。。。


千体オシラサマの部屋



室内の板の間 冬は寒かっただろう







山と田んぼだけの、家の周りの風景。

前に父が小さい頃の話をしてくれたことを思い出す。
大家族の中で聞き分けがない子供だった父は、
休みになると田舎の祖母の家に預けられることが多かったそうだ。

田舎は遠野と同じく、田んぼと小高い山以外何もないところ。
友達づくりが下手くそな父は、毎日1人で遊んでいた。
風が強い日は、近くの竹林から笹がぶつかり合う
不気味な「ザザザ」という音がして、「あそこに天狗がいる」と思っていたそう。

ここ遠野は、今でもそんな気分が味わえるところ。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...