2018/05/05

【4度目の香港】5泊6日 香港のんびり旅 〜Beyond 飲茶〜 DAY3

 

 DAY3


香港ウェディング






実は今回のメインイベントは、友達Sのウェディングに出席することでした。
香港人のSとは、昨日会ったMちゃんの結婚式(in 香港)で出会ってから
かれこれ5、6年の付き合い。

香港に来るたび美味しいお店に連れってくれたり、仕事や恋愛の悩みなど話したり、
一緒に時間を過ごしてくれる、優しく頼りになるS。

ずっとSのことを思い続けてくれた旅好きの彼と付き合い始めてから、
ややワークホリック気味だった彼女も彼と一緒に旅を満喫する機会も増え、
忙しいけどここ数年はより充実した生活を送ってるように見える。
二人で東京にも数回訪れてくれた。


結婚が決まった時は私もすっごく嬉しくて。お祝いに二人の絵をプレゼントしたら、
なんと気に入って招待状に使ってくれたのでした。ありがとう!


2次会会場の入り口に、プレゼントした絵を飾ってくれてました

さて、当日夕方Mちゃんと待ち合わせして、一緒に結婚式へ。
ちなみに私たちは17時から出席でしたが、実は結婚式イベントはすでに始まっている。

香港の結婚式は、日本と同じく西洋式と中国式がミックスされているけど、
日本と形式がだいぶ違うこともいくつか。
特に驚いたのは:

1. 式とパーティーは1日がかり
2. 花嫁の他、花嫁の母親や家族のお色直しもある
3.  結婚式用の『ガヤ』


という3点。




1. 式とパーティーは1日がかり


中国式結婚式では、『ティー・セレモニー』という、
新郎新婦の家族たちが一緒に中国茶を交わす儀式があって
それは結婚式の前に行うそう。

ちなみにブライズメイドとアッシャー(ブライドメイドの男性版)たちは
ティーセレモニーからお手伝いし始めるので、
彼らも当日は新郎新婦たちと同じ時間に会場入り。
よって今回は朝6時半会場集合だったみたい。

実は今回の旅でステイさせてもらっているイタリア出身の友人サラも
Sのブライドメイドだったので、彼女も早朝集合。
全然出かけたのに気づかなかったけど、5時半には家を出たそう。

結婚式の内容は人によってまちまちみたいだけど、
ちなみに今回の式のスケジュールはこんな感じ:


午前中:ティー・セレモニー

撮影用に新郎新婦着替え
ブライドメイドとアッシャーと会場付近で撮影

結婚式の衣装に新郎新婦着替え
ブライドメイドとアッシャーは結婚式の準備の手伝い

17時:結婚式スタート

18時:終了

ゲスト自由行動

20〜21時頃:2次会開始

夜中24時頃:2次会終了


結婚式と2次会の間の数時間、ゲストたちは好きなように過ごしていてOKなので、
私とMちゃんは会場ホテル下のマッサージ店へ。
Mちゃんは数年ぶりのマッサージだったらしく、だいぶお疲れが溜まっていたよう…


おめでと〜〜



2. 花嫁の他、花嫁の母親や家族のお色直しもある


新婦S側はお母さんとお姉さんはとってもスラッと背が高く、おキレイ!
だけあってか、彼女たちもSと合わせてお色直しも合計3回あった。

家族によって回数は違うみたいだけど、3回は割と多い方らしく、
翌日ハネムーンに飛び立つ前にランチしたSが内心は「おいおい」
と、思っていたことを教えてくれた ww



2次会のはじまりは華やかな純白ドレス




2次会のお色直しは、セクシーチャイナドレス
金のぶたのネックレスは、「子宝に恵まれますように」という意味だそう

3. 結婚式用の『ガヤ』 


結婚式での新郎新婦が入場する時、ゲストは初めて新婦の姿を見るので


司会(今回女性):「新婦は可愛いか〜!?」

ゲスト一同:「いえ〜い!」


と、いう掛け声をして盛り上げる。
Mちゃん曰く、香港の結婚式でトーク&リスポンスはあるあるだそうで。
静かな日本の結婚式であまりお見かけしない……よね。

特にSとご主人は仲間に恵まれているのか、2次会でも
二人の馴れ初めスライドショーが流れてるときや、スピーチのときなど
ちょいちょいゲストから何かしら掛け声があった。
(広東語で内容はわからなかったのが残念)

静かな式よりも、個人的にはこういう賑やかな会の方が楽しくて好きだなぁ。


ぶたの丸焼き ミニトマトの飾り付けがww



2次会会場入り口のディスプレイ。日本と結婚式と似てますね


夜中12時を回った頃、ようやく会は解散の雰囲気。
順々に会場を去るゲストたちに、新郎新婦と家族が出口でお見送り。
ブライドメイドのサラもお役目を果たし、無事素敵な結婚式、
SのBig dayが終わりました。

ただ座ってただけの私でさえ、最後はぐったりしてしまったので、
早朝から手伝っていたサラや他ブライドメイドやアッシャーたち、
そして半年前から細かい打ち合わせを重ねて準備をして来た新郎新婦とご家族は
さぞかし疲れただろう。きっと幸せな疲労感だろうけど。

でも……体力や気力がある若いうちでないと、香港で結婚式はできない気がする。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...