2018/04/07

【4度目の香港】5泊6日 香港のんびり旅 〜Beyond 飲茶〜 DAY 1

 

 

DAY 1

空港→香港まで



香港までのフライトはLCCからいろいろあって、
格安で行こうと思えばいくらでも行けると思うのですが、
いろいろ荷物のことも考えたりするのがめんどくさく・・・。
最近は楽天トラベルで予約をしています。(ポイントも溜まるし!)

今回は「香港航空」を利用。航空券は3万円強でした。
午後の便なので、のんびり出発です。
香港には夜7時頃到着。
なぜか預かり荷物が出てくるまで1時間くらいかかって、
ようやく8時頃に宿泊先の香港島に住んでる友人宅に向いはじめました。

香港島に行くには空港から出ている特急電車の他、
タクシーとバスが利用できます。中でも一番安いのはバスです。


空港→香港島までのバス

 




結構どこでも英語が通じる香港ですが、観光客にとってバスはやや難易度高し。
一応車内に電光掲示板があるので、次のバス停は確認できるのですが、
日本並みの正確さは期待できず、運転手さんの中には英語が話せない人もいる。

前回、郊外のNew Teritoryに住んでる友人宅に泊まらせてもらったとき、
「一番バスで来るのが楽」ということで乗ってみたはいいが、
なんと電光掲示板がない・・・。
念のため持っていた、漢字で書いた住所を見せてことなきをえましたが、
深夜だし、初めて行く場所だし、到着するまでは不安でいっぱいでした。

でも結局到着したし、今回も「どうにかなるだろう」と、
楽観的なわたしはまたバスで向うことにしました。


香港バス事情

 



香港の一般的な交通手段は「バス」です。
友達と出かけるときも、地下鉄や路面電車よりバスや「ミニバス(バン)」を
利用することが多いです。

早朝から深夜まで動いているし、特に郊外に住んでる人にとっては
自分の家の最寄りまで路線が出ているので、超便利。

もちろん空港からも、香港の至るところに路線が出ています。
特に旅行者は荷物が多いので、今回私が乗る香港島行きや、
九龍島に向うバスは、観光客も多く利用しています。

さて、香港島に行くバスが40分以上遅刻して到着。
この時点で夜9時くらい
(この日はいろんなことが混雑して、予定より時間がかかった)

乗車して念のため英語で行き先を尋ねると、運転手さんは電光掲示板を指差し
「ここに出るから自分で確認してね〜」と、いう無言のアドバイス・・・。
早速冒険は始まりました。



結局移動で終わる1日目



不安なときはグーグルマップを開きましょう。
バスの進行方向と目的地があっているかを確認して、ようやく「ふ〜」と一安心。

ちなみに香港の道路はクネクネ道多め、プラス運転が荒めなので、
ずっとスマホを見てると車酔いをします。ご注意を。

香港島までは通常約30分位。でもこの日は、40分位かかりました。
電光掲示板を確認し、教えてもらったバス停の名前が出たので
降車ボタンを押して降りました。が、「あれ?思った場所と違う」

再度グーグルマップを開いて住所を確認すると、
ひとつ後のバス停で降りたことが判明。
がーん!! 荷物もあるのに〜!

とはいえラッキーでした。
郊外ではこうはいかないかもしれませんが、
香港島のバス停は隣との間隔が近くてひとつ間違えようがあまり問題はなく。
5分くらい歩けば隣のバス停に着くことができました。

11月とはいえ、湿度が高く24度近くある香港。
キャリーケースをひっぱって歩くと、汗びっしょり。
ようやく友人と再会できたのは、夜10時近くでした。

 
夜10時過ぎてから友人と一緒に夕飯→デザート。
寝たのは午前1時頃。香港の夜は長い

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...