2016/04/29

| ハイサイ沖縄 3泊4日の旅 | DAY2 話題のスポットへ (PART1)

沖縄旅行2日目。

朝からすっごくいい天気!
まだ寒さ感じていた関東からやってきたわたしたちは
「夏はもうすぐ!」といった沖縄の日差しや、肌に感じる湿気が
久しぶりで心地よく、この日も朝から動き回りました。

まず向ったのは、「辺野古(へのこ)」。
普天間基地移設問題のニュースでよくこの地名を聞くようになり、
実際どんなところなんだろうと、見に行きました。
カーナビ頼りにウロウロ。
「辺野古へようこそ」という看板を見つけたものの、
「一体どこでデモをやっているんだ?」と思うくらい静かな場所。
とりあえず海の近くまでやってきました。


どえ〜!

漁港でさえ

う、美しい!!!


静かで綺麗なビーチ

ビーチの側に静かにたたずむテント村

毎日朝から集まられているそうです

ご覧の通り、想像を超える綺麗な辺野古の海の色に感動!!
感動スイッチが直ちにON!→またもやカメラ連射しまくってしまいました。

ここの辺りの湾では国の天然記念物に指定された動物、
「ジュゴン」もたびたび目撃されるそうです。
キラキラと輝く太陽の日差しの下、目の前に広がる色鮮やかな海を目の前にすると、
「天国があるとしたらこういうところなのかも……」と、思ったり。

そんな平和なビーチに、静かにたたずむテント村を見つけました。
折りたたみチェアを持参して、座り込みを続けている地元の方たち。
「日差しが強いから日焼けに気をつけな〜」と、
にこやかに挨拶してくださって、テントの中に掲載されている移設問題の資料と
今の状況を丁寧に説明してくださいました。

行ってみて思ったのは、やっぱり実際行ってみないとわからないことって多い。
メディアで報道されていることは、物事の一面であってすべてではない。
何か知りたいことがあったら、できるだけ様々なものを調べて、
できたら自分でその場所へ行ってみる。
行ったことで地元の人と話しができたり、その場所をより身近に感じる。
地元の新聞が本島の新聞とは違う報道をしていることも気付いたり。

4月から始まったTBSラジオ「伊集院光とらじおと」のタイトル風に言わせてもらうと、
実際辺野古へ行って、わたしと沖縄基地問題は「と」でつながりました。
ジュゴンと 辺野古と 沖縄基地問題と。



PART2に続く。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...