2016/04/19

| ハイサイ沖縄 3泊4日の旅 | DAY1 最北端の辺戸岬へ (PART 1)

先月末にお休みいただき、沖縄に行ってきました。
私にとっては初めての沖縄。ハイサイ沖縄。
那覇空港からレンタカー屋さんに移動し、無事ドライブ出発。
さ〜どこに向おうかと考えながら、高速へ。

最初は驚くべきほどの綺麗な海と、その上を車で走れる道路がある
かの有名な古宇利島へ行こうか、と言っていたのだけど
以外に早い時間帯に近くまで来てしまったので、
恐らくなかなか行くことのない、
沖縄最北端の「辺戸岬(へどみさき)」に目的地を変更。
その道中にもたくさん素敵なもの、興味深いものを見てきました。



一番最初に目に留まったのは、「沖縄のお墓」


この沖縄のお墓、道路脇や街中に突如現れて、密集して建っているのだけど、
人が住めるくらい大きいし、実際人が住んでる家より数が多い印象。
後から人から聞いた話ですが、沖縄では昔からある土着的な宗教が
今でも人々の間に広まっているそうで、中には実際の家より
お墓の方を立派に建てる人もいるみたいです。
沖縄の人の死生観が垣間みれる、大変神秘的で興味深いもの。

途中で何度か休憩はさみつつ、ようやく2/3ぐらい北へ移動。
58号線にある大宜味(おおぎみ)村の道の駅に着きました。
大宜味村は健康長寿、シークヮーサーの産地で有名だそう。


このキャラクターは「ぶながや」
「ぶながや」は大宜味村の森に住む妖精なんだって

ビーチは亀の産卵場所でもあるそう

確かにきれいだ

きれい過ぎて感動 写真撮りまくり

この水たまりは

こっちの滝から流れてくる真水かと

道の駅のとなりの食堂で遅めのランチ
沖縄そば あっさりしてて美味しい

沖縄はビーチのイメージが強いので山はないのかと思っていたけど、
実はこの大宜味村のように、緑の深い森や山がたくさんあるので驚いた。
この豊かな自然が綺麗な水をつくって、植物や動物を育んで、
色鮮やかな景色をつくるんだなあ。
「綺麗な水」というのはこの美しい沖縄の景色を形どる
肝心要の「肝」なのかもしれない。

今回は時間がなかったけど、今度は大宜味の「ぶながやの里」で
ウォーキングにも参加してみたい。
さて、腹ごしらえもしたし、あと残り1/3の道のり。
沖縄最北端の辺戸岬へ向かいます。

(Part2に続く)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...