2014/12/08

手帳も人生も悩みあるある

先週発売された雑誌「Oz plus」2015.1月号は手帳特集!
「手帳の悩みあるある劇場」の4コマ漫画を描かせていただきました。




手帳、便利なので年々周りはデジタルで管理している人が増えている気がするけれど、
私はやっぱり紙の上に書き込むのが好きなようで毎年新調しています。
ここ数年はお友達の編集者さんが手がけている、
秋山まりあさんの「本当に幸せになる手帳」を使っています。


帯の道端ジェシカさんといわゆる女性っぽい表紙のカラーとは
我ながら自分のイメージとはかけ離れているような気がしますが、
(表紙はリバーシブルなので裏のブルー系のミントカラーを使用)
中身はなかなか使いやすく日々活用しています。
特に面白いなあと思うのが、最後の「未来の私」イメージページ。

  1. なりたい私のイメージ
  2. 私のルックスをイメージ
  3. 私の仕事と豊かさをイメージ
  4. 私の周りにいる大切な人たちをイメージ
  5. 私の理想の暮らしをイメージ

これ、各1ページずつ書き込むスペースがあるので、結構埋めるのに時間がかかる。
→ということは、自分のことを漠然としか考えていないということがわかる。
→イメージしはじめて段々ページが埋まる。
→イメージが視覚化されて自分のやるべきことが明確になる。

毎年手帳を新調する度にこういうことを考えるのはとてもいい機会です。
他にも「本当に幸せになる」という本の題名のように
幸せになるための毎日の小さなワークがあるんですが、すっかり怠けて……

他に関心するのは、365日違う言葉が書いてあるウィークリーページの欄一言。
「好奇心旺盛」「おもしろいことばっかり!」とかね。
これを考えた友人のアイデア力と仕事量は本当に想像を絶します。
皆に幸あれ〜〜〜。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...