2014/11/10

City Hunter


Chiaki Moriさん(@windpress71)が投稿した写真 on

ちょっとしたインタビューに応えることになり、
どうやら相手は私の作品から日本的なものを感じたそうだ。
しかしながら私はまったく逆の西洋のものから
インスピレーションを受けてつくったつもりのものだったので超意外。
言われてみれば「あ〜そうか」と納得するんだけど、
そういう無意識で自分から出てくるものって本質的で正直なんだなと思った。

そこから派生して思い出したことがあった。
先日少年漫画が好きな友達と「好きな漫画の主人公は誰?」という話をした。
私はどちらかというと少女漫画の方を多く読んでいたので
「誰が好きかな〜」と考えていたところ、ハタと思い出したのが
少年ジャンプで連載していた「シティハンター」の主人公、冴羽 獠。



ルパン三世に通じますが、普段は三枚目だけど実は一流スナイパー。
獠が住む新宿のマンションがNYのアパート風だったり、
登場人物のおしゃれなファッションやライフスタイルなど、
漫画全体にちょいちょいアメリカンなテイストが漂っていて
幼かった私には「大っ人〜、おっしゃれ〜」っと憧れておりました。

今も私は80-90'sのアメリカンテイストのものに引かれるのですが、
どうやらその時代から好きなものは変わってないみたいですね。
ちなみにシティハンターについて色々検索しておりましたら
冷めていた熱も蘇ってきました。
ああ、Amazonで全巻セット見つけてしまったので買ってしまいそう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...