2014/07/15

Kanazawa

町家の有名店「俵屋」さん

いい感じの書体

喫茶店の看板

レトロな色使い

斬新なディスプレイ

ゆる〜い空気感漂う雑貨&サイクルショップ、「Wandeshop」
美味しい珈琲と看板犬、ジョージが待ってます。

かわいい書体

とにかく古い建物探訪でした

リサーチ&旅行をかねて、久々10年振りに金沢に行ってきました。
まずは駅前の変わりようにびっくり。
来年春に新幹線が開通するにあたって、ショッピングモールが出来たり
ホテルも増えて盛り上がっている模様。
KIDIに通学していたときはマクドナルドしかなかったのが信じられない……

そうです。
Parsonsに留学する前、「KIDI」という
Parsons提携校に通って1年間勉強しておりました。
校長から講師までほぼ外国人、授業も英語、という
かなり今でも画期的な学校でしたが、惜しくも5年前に閉校。
しかしながら私にとってこの学校へ入学したことは
大きなターニングポイントとなりました。

生徒達をまるで寮母のように気遣ってくれる、元事務員のFさん。
毎年オンライン年賀状サイト、「Fantasista」を運営したり、
いつもお世話になっていますが、この旅でも大変お世話になりました!

同じくKIDI卒業のデザイナー、「ペパラブル」をdirectionしている
原嶋亮輔さんも紹介してもらったり、
金沢名物「第七ギョーザ」や、「鈴木大拙館」に連れてってもらったり……

21世紀美術館が出来てから、ぐっと注目度も観光客も増え、
そして来週は駅中のお店もリニューアルオープン。
KIDIという学校はなくなってしまいましたが、
ギウーダー」という若いクリエイターを支援する団体ができたり、
金沢がが好きでやってくる移住者たちが商店街を再生したり、
ちょうど今の金沢は変わりゆく時代のど真ん中にいます。

Fさん曰く、とても保守的な文化の街、金沢。
新幹線が開通したらまたぐっと変わっていくんだろう。
交通の便があまりよくなかったおかげで残っていた
古い建物、素朴なお店、色濃く残る文化。

こういうものが金沢の良さだとも感じるので、
今後どういう風に街が変化するのか怖い気もしますが、
一方でこれまでにない新しい場所に変貌する期待もアリ。

金沢、今度はもっと頻繁に来て注目し続けたいと思います。

Follow my blog with Bloglovin
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...