2013/11/22

とりあえず、やってみないと何も始まらない。いよいよ明日、23日(土)エリバ映画祭!


いよいよ、明日(土)「エリバ映画祭2013」です!
実は11/1〜会場のビストロカフェ「ア・ポワン」では
今回の出展作品からのスチールが展示され、エリバ映画祭公式グッズが販売中。
主催者、イラストレーターやえこさんと、じぶカントレーナーのくららちゃんの
熱い想いや、パワーが伝わってくるようです。

やえこさん作の公式グッズ

今回は私が今回参加することになったなれそめを。
やえこさんとは、「超訳 枕草子」をつくるきっかけとなった
グループ展の打ち上げで出会いました。

その頃からやえこさんがつくっていたのが、
コミックエッセイ「シゴト・クリエイター!」。
自分で仕事をつくった人たちをインタビューして、
彼らのその仕事をやることにした背景や哲学を紹介しています。

この本は制作3年かかって、昨年末出版!
※本の感想は以前私が書いた記事をご覧ください。
「仕事って……何?」と疑問を持っている方に新しいヒントをくれると
思うので、面白いし、オススメです!!




この本の取材や制作がきっかけで、
「働くこと」にさらに興味を深めていったやえこさん。

どういうかたちになるかはわかないけど、
仕事をエンターテイメントにしたイベントを考えたそうです。

私もやえこさんとはちょっと違う角度からだけど、
「働くこと」にとても興味があり、昔から働く女性たちの
お手伝いができないかなという想いが有りました。
でもずっとどういうふうにして発信していけばわからず、消化不良でした。

偶然やえこさんがくららちゃんと始めたエリバのことを聞いて、
話していくうちに、「とりあえず、何かつくってみよう!」
という気持ちになり、世界中の働く女性たちをインタビューする
プロジェクトを立ち上げてみました。

こんなアクティビティーも
アンケートに答えていただいた方に、プレゼント

やり方はインタビュー形式なので、やえこさんと同じで悪いな……と
思っていましたが、「森さんの視点でつくるんだから、きっと違うものが
できるはずだよ!」というやえこさんの言葉が背中を押してくれて、
見よう見まねでビデオ撮影、編集開始。
やってみると不思議と結構手が動くものですね。

今回の出展作品はそのプロジェクト、「働く女」のお披露目、紹介VTRです。
続く、記念すべき第1回目の「台湾」シリーズから、
viemeo上で随時インタビュー作品をアップしていく予定ですので、
エリバに出展させてもらって、ちょうど良かったなあと感謝しています。

エリバ主催のやえこさんとくららちゃんは、会ってみたらわかるけど、
とても暖かくパワーのある人たち!
さまざまな考えを聞き、新しい価値観も発信していって、
私もいつも励まされています。

2人に会うだけでも刺激をもらえるので、ちょっとお疲れ気味の方、
ハツラツしたエネルギーをもらいにぜひ(笑)

何事も、どうなるかわからないけど、
とりあえずやってみないと何も始まらない。

それを合い言葉に、明日お待ちしております。

“叩けよ さらば開かれん”


-----

会期:11月23日(土・祝) 18〜21時 
シゴトのヒトコマ上映会&交流会 
参加費:500円 
※ご予約・お問い合わせはこちら。 facebookでもOK!
会場:ビストロ・カフェ ア・ポワン 
東西線「神楽坂」駅・大江戸線「牛込神楽坂」駅 徒歩5分/
JR「飯田橋」駅 徒歩11分
住所:東京都新宿区神楽坂6-66
電話:03-5579-8930 http://apoint-bc.com/



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...