2013/10/09

Alisan Coffee


洗練された商品が並ぶ、Fuijn Tree 355さんの店内。
ふとおしゃれなパッケージのコーヒーに目が留りました。

台湾というと、「お茶」というイメージが強かったですが、
2000年代頃からカフェブーム到来?から
コーヒーを扱うお店が徐々に増え、
台湾産のコーヒーも見直されてきたそうです。

おしゃれなアルミ缶パッケージ。
この「Alisan Coffee」という名の珈琲。
ウーロン茶の原産地で有名な阿里山(アリサン)で、
実はコーヒーの栽培もその昔されていたとのこと。

その味に惚れ込んだ日本人の方が、なんと台湾にご家族で移住して
阿里山珈琲を自ら栽培し、広めてるという‥‥。ほほう。

私はこちらのドリップバッグの方を購入。
パッケージからして気になったので、
簡単にいれられるドリップ式を購入。
さきほど休憩時間に飲んでみましたが、

ウ、ウマイ!!
酸味も少なく、好きな味!
カフェラテにもしても合う!!
(もっと買ってくればよかった……)

ブラックよりカフェラテ派。
このAlisan Coffeeベーグルで有名なカフェと
台湾産品を扱う雑貨店が併設された店好,丘(ハオチゥ」や
「Fuji Tree 355」、台北松山空港の土産物店で購入できるそうです。

コーヒー好きの私にはたまらん!
次回は台湾のカフェ巡りをしてみよう。
あと、日本でもこれが飲めるところあればいいなあ。


"台湾そして阿里山のヒト、モノ、コトを

世界ブランドにすべく立ち上がった日本人、

台湾人で結成されたプロジェクト。
「世界を繋ぐ夢のコーヒー 台湾阿里山コーヒー」"

Alisan Project 詳細→ http://www.alisanproject.com/




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...