2013/02/06

働く女

TED talk

最近聞いたニューワード、女子会ならぬ「女子界」。
女子が多く活躍している世界のことを指してるようです。
私は昔から何かとこの「女子界」とやらによくいるような気がします。

化粧品会社の販売員をしていた祖母。
定年退職まで広告部一戦で働いた母。
イラストレーターエージェンシーを夫と切り盛りする女性社長。
異国の地で自ら仕事を見つけて働く人、
フリーランスとして日々忙しく過ごす友人や知人。

小さい頃から独身にせよ、既婚にせよパワルフな女性たちの側で育ってきました。
私も含め「働く女」は一見強く、好きなように生きているように見えがちですが
常に葛藤していて、けっこうしんどい。

先日TEDで興味深いトーク。
facebookのプレス担当Sherly Sandbergが語る
Why we have too few woman leaders
(なぜ女性のリーダーが少ないのか)」

「アメリカでは女性の社会進出が当たり前なんじゃないの?」
と、思う方も多いと思います。
が、実はまだまだ女性への見方や、価値観は保守的で。
だからこそ自由奔放な女性達を描いたSex And The Cityのようなドラマが流行ったり、
敏腕Vogue編集長アナ・ウィンターが叩かれたりするのであります。

それでもアメリカの女性達の地位が高く見えているのであれば
それは彼女たちが戦って戦って、ようやく手に入れたモノだと思います。

話は戻り、「Why we have too few woman leaders」。
生涯仕事を続けていきたい女性達へ「3ヶ条」を助言しています。

最後に自虐ネタもあったりして、前向きなコメントだけで終わらないのが
現実味があって気に入りました。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...