2012/08/03

Madagascar:大切なものは、目には見えないんだよ


星の王子様のバオバブの木
短期滞在でしたが、マダガスカルでは「生まれる瞬間」を
たくさん目にしてきたように思います。
マダガスカルの固有種、ホウシャガメ
笑顔が生まれる瞬間。
欲望が生まれる瞬間。
コミュニケーションが成立する瞬間。
覚悟を決める瞬間。
選択を決断する瞬間。
希望が生まれる瞬間。
多肉植物の花。枯れてそうに見えるけど、枯れてないんです。
少し前に断捨離(だんしゃり)がちょっとしたブームで、
身の回りを片付けるの本も爆発的にヒットしました。
不要なものがなくなると本当に必要なものに出会う、という。

マダガスカルは必要最低限の生活をしてる人がほとんどです。
余計な物が何もない場所だったからこそ、私自身普段の生活より
自分の内面に直面する機会が多かったのかもしれません。
見た事ない植物。イサロ国立公園。
忙しさにかまけて自分を見失っていると、
気づいた時には心がボロッボロになっている事がありました。
自分の内面と向き合うのは、とてもエネルギーがいることだからおざなりにしがち。
自分で考えて行動していくことより、他人に期待されたことを
無難にこなして行く方がよっぽど楽です。
でもそんな風に過ごしていると、成果を出しているのに何故か
逆に自分と自分との関係が希薄になっていって、
自信がどんどんなくなっていくのです。。。
出た!
一方、自分が考え行動するということは、例え結果失敗しても、
見た目では何も変わってないかもしれませんが、
自分の中にすこーしずつ、ほんとにちょっとずつかもしれませんが
着実に自分に自信をつけていってくれます。

なんでだろう、言い訳出来ない極地に陥って
自分の感情をそのまま受け取る環境になるからかな。
そこで生きてるって実感できるからなんだろうか。
人生の喜びとは、自分の足で道を歩いているという実感から生まれるのかな。

”「大切なものは、目には見えないんだよ」”
-- - 星の王子様

どこまでも、どこまでも続く空。


追記;マダガスカルの経験と同じ様に「これでいいのだ!」と思わせてくれた本。
エネルギー炸裂!爆発!岡本太郎並。イヤ、物を生み出すにはパワーがないとね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...