2012/07/29

Madagascar: キラキラしたもの達

フランス領の時に立てられた電車の駅。
世の中全ての事には光と影があるように、
マダガスカルにもキラキラしたものがたくさんあります。

貧困や治安の悪化問題という社会の影が濃い分、
人々の豊かな表情や、生きるエネルギーが
眩しいくらいの明るい光を放していたのが印象的でした。
何にも無いから余計対照的に目に映るのかもしれません。
今回の旅では「マダガスカル・サービス」という
現地のツアー会社さんに本当にお世話になりました。
代表の浅川さんはマダガスカルに移り住んでかれこれ10年以上。
現地情報に大変精通しています。
従事しているスタッフやガイドさん達はマダガスカル人ですが、
英語、日本語をほとんどが勉強していて、とても真面目で誠実です。
もしマダガスカルへ行く計画を立てていらっしゃるのであれば、
マダガスカル・サービスを利用するのを強くお勧めします!!

一歩歩けば次々と疑問が湧いてくる不思議の国での旅。
本当に英語ガイドさんがいてくれたおかげで、
安全に過ごすことができ、またこの国のことをより深く知れたように思います。
そして生活を良くするために一生懸命勉強し働く彼らの姿に
私は何よりも感化されてしまいました。
夜には肉眼で天の川を見ることができます☆
そもそも仕事とは「生活を良くするために一生懸命働く」
と、いうことではないでしょうか。
日本では「やりがいのある仕事」とか「自分にしかできない仕事」
ということにこだわってばかりいるように感じます。
そう始めから複雑に考えてしまっていて、
一生懸命目の前のことに取りかかれなくて、
結果「やりがいのある仕事」にも「自分にしかできない仕事」にも到達できなく
未来を悩んでいる人が多いのではないかと思いました。
首都から南へ続くこの道、サザンクロス街道。
日本企業が建設をしたそうです。
マダガスカル・サービスを通して出会った人達は本当に
キラキラした目をしています。
まだ見ぬ明るい未来のために、一生懸命仕事をしています。
そんな彼らの姿を見て「自分も彼らに負けてられないな!」と心の底から思ったし、
おかげでこれからの自分の目標も明確になりました。

そして改めて自分の好きな仕事をして、お金を稼げて、
そのお金を自由に使える環境に居られる事に深く感謝し、
これからもやりたいことをやってみて(例え失敗しても)
悔いの無いような人生を送りたいと思ったのでした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...