2012/02/28

【超訳 枕草子】ラジオで紹介頂きました!

チン!
確定申告と1日格闘し、頭がもうろうとしてきて、夜も始まった頃。
枕草子をデザインしてくれたマルプデザイン、
デザイナーの星野さんよりメールが届きました。

「森さん、これ知ってますか?」

ンン?。。。。。。。わあ!!!

なんと、先月FMラジオの番組で「超訳 枕草子」が紹介されていたそうです。

それもなんと、元モーニング娘。のなっちこと、安倍なつみさんがパーソナリティーの
「あなたに会えたら」という番組!!

朗読コーナーで、「春は夜明け(春はあけぼの)」の段が朗読を安倍さんが朗読頂き、ちゃんと番組公式ブログにも写真がのせていただいてました。

スゴイ〜〜〜。スゴすぎて逆に半信半疑のような気分になっています。

光栄にも朗読の他、本の内容についてもご紹介頂き、
安倍さんも清少納言の進歩的な考え方に共感して、楽しんでくださったそう!
素直にうれしい♥

ラジオの内容を、丁寧なファンの方が記載していらっしゃいました。
http://blog.goo.ne.jp/sapporo0206/e/9a1a62b5b03385b60af64c79c8f79b14

一部ブログから抜粋させて頂きます。

なっち、ありがとう♥

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

ここから朗読コーナーに、なっていました。今回、なっちが朗読したのは
“清少納言”著“森千晶”訳の“超訳 枕草子”の一部した。

“NO1、春は夜明け、
春は、誰が何と言おうが、夜明け!
ひんやりとした夜の空気の中、段々と明るくなってきて、
空に薄紫色に染まった、細長~い雲が見える。

夏は、夜が1番、月が出てれば尚、素敵だけど、
マンション群の部屋の灯りが、点々と点き始めたり、

真っ暗な中、イルミネーションの光だけが、キラキラしててもいい。
水溜りに映る、街燈の灯りが好き。

秋は、夕暮れ時、夕陽がもう少しで沈みそうな時刻、
カラスが、そろそろ帰るよ~!っと、カァカァ鳴いている姿を見ると、
いつも小さい頃を思い出す。

時々、列を作って飛んでいる渡り鳥もいて、
飽きずにずっと眺めてられる。

気付いたら、すっかり陽が落ちてて、風の音と虫の声の中、
しばし、耳を澄ませる。

冬は、ビ~ンと張った空気が気持が良い、早朝。
霜柱が立ちそうな、雪が降りそうな、
そんな深々とする中、急いでストーブを点ける。

冬が来た!って感じで好き。
ほのかに石油の臭いが漂ってくる頃には、
段々と暖房が効いてきて、頭がボ~としてくる感じも、
何とも言えない“

読み終えたなっちは、今回は、平安時代に清少納言が書いた、枕草子を現代の女子の言葉にして、
訳して書かれた本で、超訳、枕草子から、春は夜明けを紹介したけど、この春は夜明けの原文は、
春は曙で、この本を書いた森千晶さんも、学生時代は全く判らなかった枕草子が、アメリカでの、
留学生活をキッカケに、改めて意味を理解しながら読んでみたら、1000年前から自立した、
進歩的な女性が日本に居たと言うコトに大感動して、それを多くの女性に伝えたいと言う、
そんな思いから現代の言葉に訳して、この本を出版しようと決意されたと話していました。
そして、なっちは「・・スッゴイですよね。1000年前から~、そういう風に何か、そういう思いだったりとか、
自分の感じた気持を、こういう言葉?何か、文章にして残してたって言う!ねぇ、ホント、それが、
やっぱりねぇ、現代の女子に伝えようって言う!そういう思いから、そのアメリカに行って、そう言うコトを感じて
大感動して!って言うのにも、何か、意味が有りますよね。イヤ~、凄い!アノね、とっても何か、
本を読んでても、判り易い文章になっていて、例えばエ~と、飲めないって言ってるのに、
飲ませたがるオヤジってウザい!とかフフ、モテる男に限って、物凄い、思わせ振りな態度を取るとか~、
ねぇ、清少納言さんって、全然やっぱり、実体もあまり何か良く判らなけれど、名前は知ってて~、
こういうねぇ、方って言うのは、何となくこう~、ポイントで知ってるけど、こう言うコトを感じてたんだねって、
女子なんですねって!その時代でも!って言うコトを~、感じ取れたりする文章が有って~!
何か、今の私達の感じるコトと、そんなに変らなくて~!今日、ホントにね、そういう何か、ウザいとか、
そういう現在の言葉とかって有るけど~、この当時の言葉にすると~、こういう表現だったんだなって言う!
それも面白いですよねぇ!は~い、エ~、今日は、ちょっと面白い、超訳、枕草子をご紹介しました!」














































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...