2019/12/03

【イベント】2019.12.11~12.23 「クリエイターズギフト展」





東京・蔵前にある「トーキョーピクセルショップアンドギャラリー
(TOKYO PiXEL. shop & gallery)」で、2019年12月11日から12月23日まで
「ギフト」をテーマにした企画展「クリエイターズギフト展」が開催されます。


参加アーティストは約30名。そうそうたる面々の方々の中に、
光栄にも参加させていただくことになりました。

出品するグッズも追々紹介していこうと思いますが、
まずはこちら。




ペパラブルのおしりカード。
子猫、ハリネズミ、ハムスターの他、パンダ、コーギー、ウサギもありますよ!


一同に皆さんのグッズを買うことができる貴重な機会ですので、
特別なクリスマスギフトを探しに、どうぞお立ち寄りください!








-------------








■参加クリエイター


今川伸浩

umao

EMU

おおぐりさちこ

大図まこと


大伴亮介

OBAKE CLOTHING

加藤タオ

ki_moi

けけ

小島よしお

さめざめ

shigemi

神保賢志

清野705

丹野杏香

とみこはん

のそ子

はっとり♡かんな

はやしうき


松岡マサタカ

matsuda natsuru

mame

みつきさなぎ

みのもまりか

モニョチタポミチ

MONUKE


森千章 (WIND PRESS 71)

YAMADA ZOMBIE


ようなぴ

吉田孝弥

よしだのえる

りかちゃん

&more!!




■イベント詳細

日程:12月11日(水)〜23日(月) 

※12月17日 火曜定休日

時間:12:00〜19:00

場所:TOKYO PiXEL. shop & gallery

住所:〒111-0042東京都台東区寿3-14-13-1F

TEL :03-6802-8219

2019/12/01

【イベント】MOUNT ZINE 18 ONLINE SHOPオープン!






「MOUNT ZINE18」に出品した紙版『ローカル・ニューヨーク百景 A to Z 第1巻』が
MOUNT ZINE のONLINE SHOPでも購入可能となりました。


https://zine.mount.co.jp/55


ONLINE SHOPには、他にも面白そうな作品が多く掲載されていますので、
ぜひ合わせてご覧になってみてください!

2019/11/18

【suzuri限定】《誕生月》モチーフショップ オープン!








ホリデーシーズンなので、もう一個グッズショップオープンしてみました。
こちらは最近書き溜めてる、マンスリーイラストを扱ったお店
「HAPPY BIRTHDAY SHOP」。グッズ販売は【suzuri限定】です!


Tsuzuri | HAPPY BIRTHDAY SHOP
https://suzuri.jp/cm_illo


ご自身や、ご家族、お友達のプレゼントにいかがですか? 
残りの月も随時描いていきますので、皆様どうぞよろしくお願いします!




Online Shop List










































2019/11/15

《Creema Shop 新商品》【沖縄・西表島】2020年 ポスター カレンダー A2サイズ



2019年に春に旅した、日本の最南端「沖縄・西表島」のポスターカレンダーを作りました。

西表島は、石垣島からフェリーで約1時間だけど、
関東からは空港までの電車とバスの移動、そして石垣島直行の飛行機、
空港から車でフェリー乗り場まで、ようやく島行きのフェリーと、
合計8時間くらいかかってとても遠い。
でも遠いだけ来る価値もあります。

青のグラデーションがどこまでも広がる美しい海、緑鮮やかなの山々、
風に大きく揺れるサトウキビ畑、畑の合間合間に雑草除去のお手伝いで
ペットのヤギたちなど。

そんな美しい西表島の自然を詰め込んだ、西表島マップのカレンダーです。



《Creema限定!》【沖縄・西表島】2020年 ポスター カレンダー A2サイズ
https://www.creema.jp/item/8136637/detail



2019/11/14

【イベント】Mount ZINE 18@Mount tokyo(都立大学・東京)



ローカル・ニューヨーク百景 A to Z: 【イベント】Mount ZINE 18@Mount tokyo(都立大学・東京):


サンフランシスコのZINEイベント「SF ZINE Fest」に引き続き、
都立大学にあるMount tokyoにて、「Mount ZINE 18」が
今週末11/16(土)&11/17(日)に開催されます。

私の「ローカル・ニューヨーク百景A to Z 第一巻(A〜E)」も出品しており、
実物を拝見してからの購入も可能です!

他にも自由な発想で作られたZINEがたくさん出品されていますので、

毎年楽しみしている方もいらっしゃると思います。
ぜひご来場ください!


この投稿をInstagramで見る
森 千章🇯🇵Chiaki Mori Illustration(@windpress71)がシェアした投稿 -

2019/11/11

「編み編みさん」11月 待ち受け画面



遅くなりましたが、11月の携帯用、待ち受け画面を作りました。
暖かさを連想するような編み物をする女の子のイラストを描きました。
よろしければ、ダウンロードの上ご利用ください。

急に気温が下がってきたので、風邪をひいている方も多いですね。
今年も残り2ヶ月をきりましたので、ラストスパートに向けて
どうぞご自愛くださいませ。

私も来月は1週間ほど海外へ行く予定があるので、
体調管理に気をつけたいと思います!

こちらは動くgifアニメーション版。
暖炉のある家に住むのが夢です。






2019/11/01

【イベント】sumidagawa books @TOKYO PIXEL. shop & gallery(蔵前・東京)



お天気が良い金曜日。

三味線教室の後、蔵前にある、トーキョーピクセル ショップ&ギャラリー
TOKYO PIXEL. shop & gallery)に併設されている、
立ち読み本屋さん「sumidagwa books
秋の企画展が本日からスタートしたので、覗いてきました。



私の「ローカル・ニューヨーク百景A to Z」はCat’s Forehead Publishingの
特別コーナーに、イラストレーターりかちゃんの本と一緒に置いていただいてます。

sumidagawa booksは、年齢、ジャンル問わず様々な本を受け付けています。
毎日いろんな本が届くそうなので、ZINE作りしている方はぜひ、
トーキョーピクセル ショップ&ギャラリーへ郵送してみてください。


↓詳細↓

https://t.co/mjrrJfm1mg?amp=1




こちらの秋の読書フェアは、来週<11/4(月・祝)まで!>




2019/10/22

【壁画】制作記録 Vol. 4 その他準備しておくといいもの


初めての壁画制作は情報集めに苦労しました。
同じようにこれから壁画制作する誰かのお役に立てたら〜
と、思って制作過程をシェアします。






====================


制作記録 Vol. 4 その他準備しておくといいもの


====================


現場によって状況が違うので、必要なものもそれぞれだと思いますが、ご参考まで〜。


・養生テープ
→何でも使えるので、絶対買っとくべき!
ブルーシートがずれないように、床に固定したり、
一度開封したダンボールを再度閉める必要があったりするとき、など。

・シート付養生テープ or マスキングテープ
たくさん絵を描いたので、すでに完成している絵の上に
絵の具が飛び散らないように使った。

・古布(ウェス)
筆や道具を洗った後や、壁や床にに飛び散った絵の具の拭き取りなどに使用。
特に筆はしょっちゅう洗うので、あればあるだけよし!!

・バケツ
現場の状況にもよるけど、作業場と水場が遠い時に
一度に水をたくさん運んでおけるので便利。

・プラスチックコップ
壁画用の絵の具は、既製品だけでは間に合わないので
自分である色をミックスして必要は色数を揃えた。
タッパにも保管しましたが、それほどの量でない場合は
このコップでも十分絵の具が乾かず保管できます。
あと、複数で作業する時にパレット代わりに使えた。

・サランラップ
絵の具を保管する時に、プラスチックコップの上に
「サランラップ+輪ゴム」をして蓋代わりに使用。

・要らない厚紙
その場で絵の具を色を混ぜる時に活用。
最初は紙パレットを用意しようと思ったけど、結果これで十分だった。

・ブルーシート
絵の具や水が入ったバケツを置く時に使用。
絵の具は意外と飛び散ったり、こぼしたりするのでブルーシートの用意はマスト。


この投稿をInstagramで見る
Finalmente!!! 約2週間かけた壁画制作が、たくさんの方の力をお借りしてどうにか完成しました。1人じゃとても無理だった〜 特にプロジェクトの最初から手取り足取りサポートいただいた @building_tokyo の @kenji_mori_tokyo 森さん!本当にほんとーにありがとうございました😭 #repost @kenji_mori_tokyo via @PhotoAroundApp 丸2週間に及んだ、本厚木での夜間&高所の壁画制作も今夜で無事に終了。実際にはこの写真の10倍くらい描いてます。予想通りに(?)波乱が起きまくりの現場だったけど、なんとか持ちこたえて最後まで踏ん張ってくれた森さん、本当にお疲れ様でした〜! これでやっと熟睡できるかなw わたくしも朝型に早く戻さねば〜
森 千章🇯🇵Chiaki Mori Illustrationさん(@windpress71)がシェアした投稿 -



こんな感じでしょうか。

兎にも角にも、壁画を完成するためにはマンパワーが必須です。
本当に前回お手伝いしてくれた方々にはお世話になり、
足を向けられません〜。

パブリックスペースに自分の絵がデカデカと描ける機会なんて
本当に貴重な機会で、とても楽しいお仕事でした。
毎日前を通るお客様が、少しでも楽しい気分でお買い物できますように。

またのご依頼、または新規問い合わせなど心よりお待ちしております!




2019/10/11

【壁画】制作記録 Vol. 3 画材と道具


初めての壁画制作は情報集めに苦労しました。
同じようにこれから壁画制作する誰かのお役に立てたら〜
と、思って制作過程をシェアします。








====================


制作記録 Vol. 3 画材と道具

====================




A3用紙に出力したイラストを、鉛筆で上からなぞり、カーボン紙で壁に転写作業が終了。
いよいよこの下絵を元に、絵を完成していく作業に取り掛かかる。
今回使用した画材と道具をご紹介します!


《画材》



ターナー社 ビッグアートカラー



楽天のこちらのお店で、定価より割引で購入。

色数も多く、アクリル画のような描き心地で、初心者にも扱いやすい。
そしてあっという間に乾く!
冬の時期だったというのもあるけど、念のため用意したドライヤーは出番が全然なかった。






絵のスタイルにもよりますが、今回の私が描いた絵は色を重ねながら
仕上げるタッチだったので、絵の具は最初下地の色を塗り、
その上から何度かアクリル画を描くように水に絵の具を薄めながら
重ねていく方法だったので、予想よりも絵の具の量は少なくて済んだ。

*買いすぎてしまった未開封の画材も私のラクマのページで販売してますので、
よろしければご覧ください



《筆》



・水性用ペンキの平たい刷毛



これは東急ハンズや、ホームセンターの「DIY」コーナーなどで扱ってるもの







↑丸い輪郭を描く時は、この形の筆が描きやすかった



壁画はサイズが大きいので、これよりももっとサイズの大きい筆を用意していたけれど、
結局大き筆は細かいコントロールが効かないので綺麗に塗りにくく、
このサイズくらいがちょう良かった。

この平筆で下地の色をベタッと塗り、上から細かいディテール重ねていくのは
普段使っているサイズの筆を使用。



・アクリル画用の筆(ナイロン毛)



世界堂などの画材屋で扱ってる筆。








ビッグアートカラー の絵の具は、アクリル絵の具と似た質だったので、
筆は「ナイロン毛」が一番あってると思いました。

他の種類の筆を試したところ:


<水彩画用の筆>水分が含まれ過ぎてあまり絵の具がのらない。

<油絵の具用の豚毛>毛質が荒過ぎて絵の具が壁に綺麗にのらない。


個人的な使い心地の感想まで。



絵が完成した後、壁にはみ出してしまった部分を修正する場合も、
細い筆の方が綺麗に仕上が流のでお勧めです。


それから、水彩画のようにグラデーションを作る時の必須アイテムはこちら:








絵の具を塗った後、この筆を使ってできるだけ早く色と色の間をぼかすと、
綺麗にグラデーションが作れた。

いつか見たテレビで銭湯の壁画の絵師さんも言っていたけど、
グラデーションは本当にスピード勝負。


仕上げた絵によっては、カーボン紙で転写した線画が残っている部分があるので、
丁寧に消しゴムで消して、ようやく完成です!






2019/10/08

「ハロウィン」 10月 待ち受け画面プレゼント!



おそばせながら、10月の待ち受けのイラストです。
いつも月初めに間に合ってなくて、すみません!
無料でご利用いただけますので、よろしければどうぞ。

このイラストはphotoshopとペンタブのみで仕上げています。
普段このスタイルでお仕事はまだご依頼いただいたことはないのですが、
実は最近よく使う画材が日本で購入できなくなるというニュースを聞き、
これまであまり試したことがなかったペンタブで作品を描けるようにしよう
と、日々練習中です。

お付き合いどうぞよろしくお願いいたします!


2019/09/30

【壁画】制作記録 Vol.2 壁への転写方法



初めての壁画制作は情報集めに苦労しました。
同じようにこれから壁画制作する誰かのお役に立てたら〜
と、思って制作過程をシェアします







====================


Vol. 2 壁への転写方法


====================



壁の転写方法、調べれば調べるほどいろいろあって迷った。
検討した方法は下記3個:


  1. プロジェクターで転写
  2. 大型出力印刷した絵を転写
  3. 自宅のプリンターでA3用紙サイズに分割出力した絵を転写


どれが自分の壁画に適しているのか判断難しかったので、
壁画を制作した経験がある友達に相談した結果:



1. プロジェクターで転写

一番効率良さそうだけど、今回はギリギリまで現場の状態が読めないことが多く、
実際プロジェクターが機能するか確かでなかったので却下



2. 大型出力印刷した絵を転写

実寸大の絵のサイズが正確に決まっていなかったので、外注するほどではない。
絵の数が多く、下絵から費用がかかりそうでなので却下
もし予算があるのならが、A3で分割出力するより労力がかからないのでいいと思います。


よって、最終的に一番融通が効きそうな3番目の、

3. 自宅のプリンターでA3用紙サイズに分割出力した絵を転写



この方法で用意することにした。



続いての作業:
  • 前回描いた、小さいサイズでの完成形の絵の上にコピー用紙などを重ねて、絵のトレースをする(アウトラインと重要な線のみ)
  • トレースをスキャン
  • Adobe Illustrator上で実寸大のファイルを作成→A3サイズ用紙に分割して、自宅のプリンターで出力
  • 出力したイラストをメンディングテープでつなげる






作業当日は、メンディングテープでつなげたプリント用紙をマスキングテープで壁に貼り、
「カーボン紙」を挟んで鉛筆で絵をなぞって、下絵を転写。






アナログ作業が幸いして、事前には確認できてなかった壁のスペースに
下絵を追加するなど、現場の状況に合わせて作業することができた。


数名のヘルプをお願いしたので、なんやかんやこの転写作業はほぼ1日で完了。
壁画制作はマンパワーが本当に必要だなあと実感した。
手伝ってくれた皆さま、ありがとうございました。

2019/09/28

【壁画】制作記録 Vol.1 小さいサイズで完成形の絵を描く



今年1月に本厚木ミロードの地下食品売り場「MYLORD FOOD MARKET」の壁画を描きました。



食品売り場から、駅直結の踊り場の壁

地下1階の壁



初めての壁画制作だったので、経験者の友人に聞いたり、ネットで制作方法を検索しながら手探りで情報を集めた。

特にネットの情報には助けられたので、私も体験談をシェアして
同じようにこれから壁画制作する誰かのお役に立てたら〜と、思います。




  • Vol. 1 小さいサイズで完成形の絵を描く
  • Vol. 2 壁への転写方法
  • Vol. 3 画材と道具 
  • Vol. 4 その他準備しておくといいもの



====================


Vol. 1 小さいサイズで完成形の絵を描く


====================



今回はペタッとした絵ではなく、塗り重ねるようなタッチの絵だったので、
壁画の完成形の絵をまず小さいサイズA3で描いてみた。
壁画用の画材も初めて使うので、使い心地なども同時に確認。

大きな絵の制作中は、スペースに余裕がないとなかなか俯瞰で全体図を確認できなかったので、
このA3サイズで描いた絵が最終的に仕上がりの見本となった助かった。








使用した画材は、「ターナー社 ビッグアートカラー」。

水性で水に溶けやすく、ほぼアクリペインティング似たような要領で描けるので、
壁画初心者の私でも扱いやすかった。発色も綺麗。





楽天のこちらのお店で、定価より割引で購入。

*買いすぎてしまった未開封の画材も私のラクマのページで販売してますので、
よろしければご覧ください。